シャンプーの方法

薄毛の人の多くは正しいシャンプーができておらず、頭皮に汚れや老廃物が溜まっていることが原因であることも多いです。頭皮に汚れが残っていると頭皮が硬くなり酸素がうまく行き来しなくなり毛細血管も動きが悪くなり栄養が髪の毛までしっかりと送られなくなってしまいます。また、頭皮に汚れが残っていると、頭皮から育毛剤もきちんと吸収されませんし汚れと同じように頭皮に残り悪循環となってしまいます。そこで、正しいシャンプーをして頭皮環境を整えることはとても重要なのです。

薄毛の人には髪の毛が脂っぽい人が多く、その脂を流すために熱いお湯でゴシゴシと汚れを落とそうとする人が多いですがそれは絶対やめましょう。頭皮を傷めますし、髪の毛が擦れて切れる原因となります。汚れを落とすためには、お風呂に入る前に髪の毛を櫛やブラシで髪の毛をといておきます。そうすることで髪の毛がしっかりととけており汚れが落ちやすくなるのです。

次に、シャンプー前にお湯だけで1分ほど予洗いをして、その後たっぷりの泡で頭皮を揉むようにシャンプーをします。髪の毛をゴシゴシ洗うのではなく頭皮を洗うのがポイントであり、指の腹で揉むように洗うことでマッサージ効果も得られます。洗い終わった後は、タオルで拭いてから頭皮に育毛剤をつけ、ドライヤーをかけます。自然乾燥は雑菌が繁殖しやすいので、ドライヤーを用いるのがオススメです。

育毛剤の使い方

育毛剤というのは決して安いものではありません。こだわったものになると天然成分が使われていたり、濃縮された成分が用いられていたりとものがあり自然と高価になるものです。もちろん、高ければ良いわけではなく自分にあった成分の入っているものであり、毎日しっかりと用量用法を守って塗布できるものが一番効果が得られますから、値段だけでなく、成分や毎日続けられる価格帯であるものを選ぶことが重要です。

また、せっかく塗布するならば少しでも早く多くの効果を得たいものです。そこで、正しい使用法を守ることが重要です。育毛剤を塗るのはお風呂に入った直後、睡眠時間の前に塗布するのが効果的であるとされています。そこで、可能であれば夜20時頃にはお風呂に入って髪の毛を洗って、21時頃に育毛剤を塗布し、24時までに眠りにつけると髪の毛には効果的です。ただし、育毛剤によっては、お風呂に入る前に塗布してシャワーで流すこと指示されているものもありますから、使用方法に書かれた方法は守るべきです。

塗布する量も多すぎると頭皮が汚れる原因となるので、適量を守るようにしましょう。多くつけたからといって効果が出るものではありません。正しい量を正しい方法で使用することが最も効果の出る方法なのです。

育毛剤を使ってみる

近年、若い人の薄毛の悩みが増えており、男女問わず多くの人が髪の毛の薄くなることに悩んでいます。髪の毛が薄くなると見た目に自信がなくなってしまったり、お洒落をする気持ちが落ちてしまったりしてしまい、外に出るのが億劫になってしまい家に引きこもりがちになったり旅行に行っても写真を撮るのが嫌になってしまうこともあります。

また、男性の場合にはフケが増えたり、髪の毛が脂っぽくなってしまい匂いがしたりギトギトした髪の毛のせいで不潔に見られてしまったり嫌悪感を抱かれてしまったりします。髪の毛が薄いということは、プラスよりもマイナスの評価になることがどうしても多いものです。そこで、頭皮の状態をよくしたり、髪の毛を増やそうとしたりという努力をする人が増えています。

このような髪の毛を生やすための努力というと、多くの人が育毛剤を使うものです。この育毛剤ですが、育毛剤選びと使用方法を誤ってしまうと全く効果が出ないですし、逆に髪の毛や頭皮を傷めてしまうことになります。そこで、ここでは少しでも育毛剤の効果が出るように育毛剤の正しい使用法と、育毛剤がよく効くように正しいシャンプーの方法を紹介していきます。

シャンプーと育毛剤とは関係ないように思われがちですが、シャンプーをきちんと行うことで頭皮が清潔になり育毛剤が効果の出やすい状態になるのです。手軽に行えるものであり、効果が得られることですから、ぜひ正しいシャンプーの方法を身につけましょう。