シャンプーの方法

薄毛の人の多くは正しいシャンプーができておらず、頭皮に汚れや老廃物が溜まっていることが原因であることも多いです。頭皮に汚れが残っていると頭皮が硬くなり酸素がうまく行き来しなくなり毛細血管も動きが悪くなり栄養が髪の毛までしっかりと送られなくなってしまいます。また、頭皮に汚れが残っていると、頭皮から育毛剤もきちんと吸収されませんし汚れと同じように頭皮に残り悪循環となってしまいます。そこで、正しいシャンプーをして頭皮環境を整えることはとても重要なのです。

薄毛の人には髪の毛が脂っぽい人が多く、その脂を流すために熱いお湯でゴシゴシと汚れを落とそうとする人が多いですがそれは絶対やめましょう。頭皮を傷めますし、髪の毛が擦れて切れる原因となります。汚れを落とすためには、お風呂に入る前に髪の毛を櫛やブラシで髪の毛をといておきます。そうすることで髪の毛がしっかりととけており汚れが落ちやすくなるのです。

次に、シャンプー前にお湯だけで1分ほど予洗いをして、その後たっぷりの泡で頭皮を揉むようにシャンプーをします。髪の毛をゴシゴシ洗うのではなく頭皮を洗うのがポイントであり、指の腹で揉むように洗うことでマッサージ効果も得られます。洗い終わった後は、タオルで拭いてから頭皮に育毛剤をつけ、ドライヤーをかけます。自然乾燥は雑菌が繁殖しやすいので、ドライヤーを用いるのがオススメです。